採択一覧 Adoption

一般演題採択一覧

このたびは、一般演題のご応募をいただきありがとうございました。すべての演題が採択されました。
今回、ポスター発表はございません。すべて口演となりますことご了承ください。
下記「発表方法について」を参照の上ご準備をお願いいたします。

発表方法について

  1. 口演時間5分、質疑応答3分です。
  2. 発表は、Power Point(Windows版限定)によるPCプレゼンテーションのみの発表です。
  3. データプロジェクター1面映写です。
  4. 会場には、Windows版PowerPoint2007/2010/2013/2016、解像度XGA(1,024×768) を準備いたします。
  5. 発表データはUSBメモリー(CD-R不可)でお持ち込みください。それ以外のメディアでは受付できませんのでご注意ください。
  6. 使用するフォントは特殊なものではなく、標準的なフォントをご使用ください。(ゴシック、明朝、ゴシック、明朝 等)
  7. 発表時にご自身のPCの持ち込みはできません。演台上にディスプレイ、マウス、キーボードを用意します。 スライドの前進・後退はご本人で操作してください。口演終了1分前に緑ランプが点滅、終了時に赤ランプが点灯します。
  8. 発表時に使用しましたデータは、学会終了時に事務局にて責任をもって消去します。

メディア持込の場合の注意点

  • 発表データは、USB フラッシュメモリに保存してご持参ください。(CD-R不可)  また、保存いただく際には発表データのファイル名を「(演題番号又は演題名)_(演者名)」としてください。
  • データはWindows Formatにてご持参ください。
  • 動画はWindows Media Playerで再生可能なものに限定いたします。バックアップおよびトラブル対策のために、PC本体もご持参ください。
  • プレゼンテーションに他のデータ(静止画、動画、グラフ等)をリンクさせている場合は、必ず他のデータも一緒に保存し、作成したPCとは別のPCにて事前に動作確認をお願いいたします。
  • メディアを介したウィルス感染の事例がありますので、最新ウィルス駆除ソフトでチェックしてください。
  • お預かりしたデータは学術集会終了後、事務局にて責任を持って消去いたします。

PC本体持込の場合の注意点

  • 発表データ制作にMacintoshをご使用の場合、PC本体をご持参ください。
  • 万が一に備え、バックアップ用として、USBメモリーに保存されたデータをご持参ください。
  • コネクタープロジェクターのモニター端子は、ミニD-Sub (通常のモニター端子)です。変換コネクターが必要な場合はご自身でお持ちください。
  • 電源アダプターは必ずご持参ください。
  • スクリーンセーバー、省電力設定は事前に解除してください。
  • 2階「PC受付」にて動作確認後、ご自身で会場内左側前方のPCオペレーター席までPCをお持ちください。  
    発表終了後、PCオペレーター席でご返却いたします。

進行

  • 演者は、該当セッション開始15分前までに講演会場内最前列左手「次演者席」での待機をお願いいたします。
  • 演者は、司会・座長の指示のもと、発表を行ってください。
ページ最上部へ